読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の空

空を見上げる時間のなかったあなたへ

身体知

こんばんは!

今日もおつかれさまでした(^ ^)

できるだけ毎日コツコツと。。

 

「身体知」という言葉が好きです。

この言葉を知ってから、自分が物事を理解する、ということや、言葉を紡ぎ出す、ということ、また、相手になにかを伝えて理解してもらう、ということに、時間の流れが必要なんだとわかり、焦らなくなりました。

「身体知」という言葉から、人がなにかを理解する、わかるということは、頭の理解と身体の理解に時間差が生まれるということなのだな、と学びました。

身体は知っているけれども、それを頭が理解して言葉に置き換えることができない状態。

それと反対に、頭では知っているけど、身体や心に染み渡っていない状態。

中学生の娘が、小学校5年生から6年生ぐらいの時に、よく保育園時代の「あの時はこうだった」話をしていたことがあり、そっか、やっと言葉が追いついたのか、と思いながら聞いていたことがありました。

 

もちろん、子どもだけでなく、大人も日々、なかなか気がついていないかもしれませんが、そんな体験を積み重ねています。

 

誰かになにかをわかってほしい時は、頭と身体と心の理解に時間差があることをわかっていないと、なんでわかってくれないの?、と焦ります。

なにかを理解するということは、一人、ひとり、の時間の流れの中でしか、染み渡っていかないということ。

むりやり言葉だけでわからせようとしても、なかなか難しいことだということ。

そして、伝える側は、時間差があるので、今、この瞬間にはわかってくれなくても、きっといつかわかってくれるはず、と、相手のことを信じる強さも合わせて必要になります。

それが、たとえ何年後になるとしても。。

そして、ホントに時間の流れは偉大なので、強さだけでなく楽観的に、時間の流れに任せましょ!ぐらいの気持ちも大切なのかもしれません。

 

すべては神様の成せる業・・・なのですから。

 

***今日の空***

f:id:kaminnorin:20161014223830j:image

空からも雲からもやさしいパワーを感じました。。

 

今日も読んでいただいてありがとうございました!

明日もステキな一日になりますように。。

ではでは、また。