読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の空

空を見上げる時間のなかったあなたへ

本気の大人たち

こんばんは!

今日もおつかれさまでした(^ ^)

できるだけ毎日コツコツと。。

 

先週の土曜日には娘の剣道部の卒部式があり、日曜日には塾の受験に向けての説明会がありました。

どちらの先生方も本気で生徒とぶつかっていることを感じられ、娘がそんな大人たちに出逢えている縁に感謝です。

 

剣道部の先生は娘が2年生の時に赴任してこられた20代の先生。それまで、日曜日が休みという理由で部活を選んでいた娘たちにとって、日曜日にも練習が始まり、朝5時半集合で他県にまで練習試合に行くなど、今までには経験したことのないハードさに、先生に対して猛反発していた時期もありました。

が、それまでも見てくださっていた40代の先生が生徒たちの揺れ動く心をうまく支えてくれながら、お二人の先生の見事な役割分担で、子どもたちを強いチームへと導いていかれました。

練習がハードなだけでなく、勝負がはっきりとわかること、級や段の試験の合否が分かれること、試合にいつも出してもらえる人とそうでない人、子ども同士の間のいろいろな葛藤もかなり大きいものでした。

時には、親の方もこれでは子どもが倒れるのでは、と思うほどの学校と部活と塾のスケジュールにハラハラすることもありました。

それでも、卒部式では20人近くいる3年生全員がみんな集まり、「なんども辞めようと思ったけど、最後までこの仲間で続けてよかった」「引退するのが本気で寂しい。そんな部活に出会えてよかった」とのあいさつが続き、後輩の子どもたちも、先輩が引退するのが寂しい、といって泣いてくれていました。

20代の先生も、このやり方でいいのか、とかなり悩んだことを話されていたり、40代の先生もホントに子どもたちは壊れないのか、とハラハラしなが見守っていたことなども、話してくれていました。

それぞれの立場でたくさん悩みながらも、それでも彼らや彼女らが見たこともない感じたこともない境地へ、本気で連れて行こうとしてくださった先生方、たくさんの思いを抱えながらもなんとか先生について行った子どもたち、そして、全員で見事にその境地へ辿り着いたこと。。。だからこそのとてもステキな卒部式でした。

親として先生にお友達にホントに感謝です‼︎‼︎

そしてステキな成長をしてくれている娘対しても、親として感慨深いものがありました。。。

 

日曜日の塾の説明会でも、先生方が本気で、子どもたちが見たこともない感じたこともない境地へ絶対に連れて行くんだ、という気迫が感じられました。こちらは、これからが勝負です。

 

親の役目としては、本気の先生方とそれについて行こうとしている娘を、見守ることしかできないのだな、と。でも、子育てで一番、難しいのが「見守る」ということだと感じています。親としての成長も必要な時期なのでしょうね(^^;;

 

***今日の空***

f:id:kaminnorin:20161003215852j:image

台風の行方が気になります!

 

今日も読んでいただいてありがとうございました!

明日もステキな一日になりますように。。

ではでは、また。